httpをhttpsにリダイレクトするプラグインとロリポップ(.htaccess)で設定する2つの方法

ブログを開設し、https://~とSLL化はしたけれども、http://と入力してもサイトが表示されていませんか?これは2サイト同じ内容のものが存在する(ミラーサイト)と認識され、SEO評価が下がる可能性があります。

SLL化が完了したら必ず、「http://~」と入力した際、「https://~」にリダイレクトがされる設定にしておきましょう。(リダイレクトとは、旧URLが新URLに自動的に転送されること)

設定方法は次の2つがあります。1つ目の「.htaccess」は難しくない設定ですが、ソースコードを触るのが苦手な人にはワードプレスのプラグインを利用する方法もあるので、合わせてご紹介します。

  • 「.htaccess」のファイルにリダイレクトのコードを追記する方法
  • プラグインで対応する方法
目次

SLL化されているかをチェック

リダイレクト設定をする前にまずは、ご自身のサイトがSLL化されているかをチェックしてください。URLの前には「htttps://」とsがついていますでしょうか?さらにGoogle ChromeでURLの前に下記のアイコンがついていればSLL化はOKです!

以前はSSL化されたサイトは、鍵アイコンがついていましたが、現在ではこのtune(調整)アイコンが表記されます。(2023年9月に鍵アイコンは廃止されました)

httpをhttpsに301リダイレクトする方法

SLL化が確認できたら、早速httpをhttpsにリダイレクト設定をしていきましょう。

リダイレクトには種類がありますが、恒久的にリダイレクトをしたい場合は301リダイレクトを選択します。一般的にhttpをhttpsにリダイレクトする場合は、301リダイレクトを設定します。

その1.[.htaccess]ファイルでリダイレクト設定(ロリポップ)

今回は、レンタルサーバーロリポップで[.htaccess]ファイルを使って、httpで検索したものをhttpsのページに遷移するようにリダイレクト設定する方法をご紹介します。

コード部分を触るので設定前には、バックアップをとることをおすすめします。

ロリポップでの作業

ロリポップにログインして【サーバーの管理・設定】>【ロリポップ】

ロリポップトップページからFTPに進む説明

ロリポップのFTP画面にきりかわります。FTPでファイル化したものをWebサーバーに転送しています。ワードプレスで作成したものがここに集約されています。まずは、リダイレクト先のドメインと同じ名前のファイルを選択。

FTP画面

【.htaccess】を選択します。

.htaccessファイル場所

【.htaccess】を開き下記のコードを最上部に追加します。その際、最初から記載しているコードは絶対に消さないように注意してください。入力できたら【保存する】をクリック

このコードを入れる事で、全てのページでhttpからhttpsへリダイレクトされます

(.htaccess)ファイルにコードを入れる場所


www.example.comはご自身のサイトURLを入れます。

追加コード

<IfModule mod_rewrite.c>

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://www.example.com/$1 [R=301,L]
</IfModule>

その2.プラグインで301リダイレクト設定

ワードプレスを利用されているならば、プラグイン「Really Simple SSL」がおすすめ。インストールして有効化するだけで、設定不要でhttpsにリダイレクトしてくれます。

リダイレクトチェックで確認

リダイレクトができているかを調べる無料で使えるツール(リダイレクトチェック)があります。とても便利なのでご紹介します。

リダイレクトチェック

httpのURLを入れチェックするをクリック!リダイレクト先も表示されチェックできます。

確認できたら終了です。お疲れさまでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

販促の仕事を経て、現在フリーで企業案件を請け負うモリです。
おすすめのモノ、コトを中心に仕事に役立つ情報を発信していきます。

コメント

コメントする

目次