Pan&「はじめてのパンセット」レビューと口コミで見えてきた冷凍パンの実力

旅先でホテルの朝食バイキングの小さなパンが、「おいしいなあ」とずっと思っていました。

それが、何気なく見ていたテレビで、ホテルのパンは冷凍パンを使用していて、それが冷凍パンPan&(パンド)のパンであることをはじめて知りました。

話題の冷凍パンPan&(パンド)。焼きたての味がお家で楽しめると聞いて早速はじめてのパンセットを頼んでみました。

そうそう、これこれ旅先で食べたおいしいパンでした。

目次

パンドのパンの特徴

まずはパンドのパンの特徴をお伝えします。なぜこんなにおいしいのかが、見えてきました。

パンドのパンの特徴
  • 60種類のパンを通信販売している
  • オリジナル酵母「桐生酵母」を使用したパン
  • -45℃で急速冷凍したパンを冷凍したまま配送
  • 手のひらサイズのプチパン
  • 低温長時間熟成製法で作られるパン
  • 国産小麦100%、塩は国産天日塩を使用

パンドパンは全国の有名ホテルだけでなく、レストランでも採用されているようです。食のプロも納得のクオリティということでしょうか。しかも通販で手に入るというから便利な世の中ですよね。

mori

先日結婚記念日で訪れたお高めのフレンチレストランでもパンドのパンを出していました。

パンドのパンは、しっとりとした生地パン。このしっとり感はオリジナルの桐生酵母の働きによるものです。桐生酵母は群馬県桐生市の厳しい寒さの気候と風土がもたらした恵み。桐生酵母なくしては、パンドのおいしさが出せないといっても過言ではありませんね。

焼き立てパンを急速冷凍することで、パン水分の保湿やデンプンの劣化防ぎます。我が家でも前々からパンを常温保存することはなく、冷凍していました。なぜなら冷凍したパンは味が落ちないからです。パンを焼いて急速冷凍してくれれば、劣化する暇を与えないということ。おいしさが家庭で再現できるということですね。

最近、量が多く食べられないので手のひらサイズというのは、非常にありがたいサイズです。ちょっとずつ種類を食べられます。また小さくすることで早く解凍ができて焼きやすいという点もあるそうです。

低温長時間熟成製法は、温度管理や発酵の見極めなど通常の製法に比べて手間がかかります。でもなぜかおいしい。おいしいパンやさんのパンは低温長時間熟成製法で作っているところが多いと感じています。この低温長時間熟成製法で作られたパンは、老化しにくく小麦の風味を損なわないという特徴があるからです。

素材も国産小麦粉100%と塩は国産天日塩とこだわりがつまったパン。

パンド「はじめてのパンセット」レビュー

パンドが初めての方におすすめするは「はじめてPan&セット」。種類豊富なパンの詰め合わせでした。

このセットを注文するには、定期便(サブスク)を利用します。なぜなら、はじめての定期便は一番おトクな買い方だからです。(定期便でも気に入らなければ、2回目以降の定期便キャンセルも可能です)。定期初回限定25%OFF3,000円で送料無料。

関東圏に住む我が家には、3日後ヤマトの冷凍便で大きな箱が届きました注文最短で3日後から日付指定と時間指定ができます。(地域によって違います)

クール宅急便での配達。箱を持つだけでひんやり〜

箱は上の部分は少しゆとりがあり、下の部分にギシギシに入っておりました!中には7種のパンが24個も入っています。どれもおしいそう~。

うれしくて並べてみました。冷凍庫に入るかな?冷凍庫の確保は必須です。

クルミ・オ・レ4個/ミルク4個/ハニーソイ4個/至福のクロワッサン4個/発酵バターメロンパン2個/メルティ塩バターパン2個/ナチュール4個

1個あたり125円のパンです

我が家では、冷蔵庫のセレクトルームはパンやご飯を冷凍しておく場所。

今回ご飯は別の場所に移動して、パンドのパンを綺麗に納めました。大満足♪

家族もセレクトルームを開ける度に大喜びです。

パンドのサイズと仕様

手のひらサイズのパンは1袋に2つずつはいっています。小ぶりですが、しっかりとした噛み応えなので大人なら2個でお腹がいっぱいです。

パンドの賞味期限

今回送られてきたのは2023年11月初旬、賞味期限は9か月後(2024年8月4日)でした。かなり先で信じがたく2度見しました。保存料もなくこれだけ日持ちする冷凍技術はすごすぎる

おいしくて勢いよく消費しているので、そんなに置いておくことはなさそうになりました。

パンドを温め方

冷凍パンなのでそのままは食べられません。温め方にはちょっとのコツが必要です。あたため方には2通り。

温め方
  • 凍ったままトーストする
  • 自然解凍してからトーストする

凍ったままトーストする方法

冷凍庫からそのまま出してトースターで焼く方法
  1. 冷東庫から出す
  2. トースターで約2~3分焼く
  3. トースターの中にいれたまま予熱で約6から8分置く

3つ目の予熱がとても大切。「方法2」までだと見た目がおいしそうですが、中がまだ冷たいパンになってしまいます。パン自体分厚い構造なので、芯までふっくらさせる大事な工程。

バターが染み出るのであらかじめ下にアルミを敷いておくのがおすすめ。

今回、クロワッサンを予熱したアラジンのトースターで180℃、2分半焼きました

そして庫内の予熱で8分おきます

上の部分に少し焦げ目がついてしまいました。焦げを防ぐには、上にもアルミをかぶせます。

また電熱線の真下に置いてしまったので、焦げたようです。置き場所には気をつけましょう。

数分前まで冷凍とは思えないくらい、中までしっかり温かくておいしいクロワッサン!

自然解凍してからトーストする方法

  1. 冷東庫から出す
  2. 常温で解凍する(30分~1時間半くらい)
  3. トーストする

これは外気の温度で解凍される時間がかわります。ただし一度解凍したものは、早めにお召し上がりください。

セットのパンメニュー

セットパンを食べてみた感想

「はじめてPan&セット」には7種のパンが入っていますが、私の好みで申し訳ありませんが好きな順にご紹介します。7種もあるので家族の好みが分かれてバランスの良いセットでした。

セットパンの特徴について

パンドのパンは素材や製法にこだわりがあります。それぞれのパンの特徴は次の通りです。

パンド口コミ

パンドの口コミでほぼ「おいしい」の声ばかりでした。悪い口コミが探せませんでした。その中でパンドの特徴が伝わるコメントを多面的に抜粋しました。

とにかくおいしいパンド編

Pan&のパンが届きました。大きさもちょうどよくておいしい。息子のお気に入りは絶品チーズクッペ。

X

pan&さんのハニーソイで、サラダパンを作ってみました! きっとほんのり甘いハニーソイと沢庵マヨはベストマッチ

X

ベーシックな食事パンの種類が豊富なパンド。

シチューやお肉料理に添えるのはもちろん、色々なものを挟んでオリジナルランチで食べるのもいいですね。

パンドの至福のクロワッサン編

至福のクロワッサンは温めるとサクサク、バターがじゅわーっと!
ここのクロワッサンは私の中でNo.1✨
パン・オ・レはミルクの香りと甘さがふわっとしてこれも好き❤

X

早速クロワッサンを二種類食べ比べ! 左:至福のクロワッサン(ミニ) 右:国産バタークロワッサン 至福のクロワッサンのほう、バターの風味や味が強い! 両方とも外はパリパリ、中はもっちり。楽しみなら、至福のクロワッサンお勧めどっちもおいしいけどね(๑´ڡ`๑)

X

口コミで「至福のクロワッサン」のコメントが多かったのには驚きました。実はパンドの「至福のクロワッサン」は「マツコの知らない世界」やテレビ朝日「家事ヤロウ!!!」で紹介されて話題になりました。

累積販売個数が80万個突破した人気のパン。バターの芳醇な香りがとにかくすごく、サクふわなおいしさがたまりません。通常通販では2個入りで354円(定期便なら336円)。

プレゼントとして利用した編

注文してないのにクール宅急便が届いた😳
姉からの誕生日プレゼントのお返し🎁
冷凍パンのネット販売🥐
トースターでチンするだけで楽チン♪外はパリパリ、中はしっとりで美味しい🤤

X

パンドの福袋が届きました〜実家の家族もはまってて、家族が友達にプレゼントするときもパンドを贈ったりしてます。🥐

X

パンドには別送り発送ができます。だからプレゼントとして利用するのもおすすめ。意外と思いつかないプレゼントですが、送られた人にはうれしいこと間違いなしですね。

pan&の「はじめてのパンセット」のまとめ

「はじめてPan&セット」を体感してみて、正直良かったです。

まずサイトからの発注も簡単、注文からお届けまでも日がかからないので冷凍庫の空きスペースを確保するなど計画を立てられやすいのが助かりました。

ふるさと納税で無計画に依頼すると、冷凍庫がパンパンになることがありませんか?

お届けの日付指定も可能なので、そういった心配は不要でした。

また続ければ支払いに利用できるポイント加算やクーポンポイントなどが送られてくるので、利用すればするだけお得に購入できるシステムです。

2回目の定期便でおまけがつくようなので、とりあえず2回は続けて3回目はお世話になっている友達に送付しようと考えています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

販促の仕事を経て、現在フリーで企業案件を請け負うモリです。
おすすめのモノ、コトを中心に仕事に役立つ情報を発信していきます。

コメント

コメントする

目次