食パンのおいしい焼き方は少しの手間とコツで決まる!

食パンは焼き方でおいしくなる

「おいしい食パンをよりおいしく食べたい。」

温かいトーストにバターをじゅわっと乗せる……そんな想像をしただけでパンが食べたくなりますね。

皆さん大好きなトーストですが、食パンは焼き方で味がかなり変わるのをご存じでしたか?

パンはパンがもともと持っている水分を、できるだけ残して焼くことでおいしくなります。

水分を残す焼き方について、コツと器具別にご紹介します。

検証も行いましたのであわせてご覧ください。

目次

パンの焼き方の基本は「高温&短時間」

トースト画像

食パンは他のパンに比べ水分量が多く、水分を約40%含んでいます。

この水分をできるだけ逃さずトーストすることが、おいしさのひみつ。

水分を逃さずトーストをするのためには、高温で短時間」で焼くことが大切です。

食パンは通常250℃ほどで綺麗な焼き目がつきます

パンをトーストする際、この温度に近づけてから一気に短時間で焼くことで、食パンの中の水分を保ってくれます

ポイント

予熱をすることで、おいしくパンが焼けます♪

トースト器具別、おいしいパンを焼く方法

パンを焼く方法としてご紹介するのは「電気トースター」「フライパン」「魚グリル」の3つ。それぞれの焼き方の方法とポイントをお伝えします。

パンの焼き方 トースター

最近ではトーストに大切な水分が蒸気となって出てくる高級トースターが人気。1万円以上するトースターはなかなか買えません。なので今回は、どこの家庭にもあるトースト器具で十分おいしく焼き上がる方法をご紹介します。

トースターの画像

電気トースター焼き方手順

どこのご家庭にもあるトースターは気軽に使える便利な器具、上下のヒーターでパンをトーストします。ヒーターに近いほど焦げやすくなるので厚切りトーストは少し時間を調整ください。

STEP
予熱時間3分

パンをトーストするための温度約250℃。250℃になるまでパンを入れません。
メーカーの差はありますが、庫内を温めるために約3分予熱をしましょう。

STEP
焼く前のパンに霧吹き

トースターの熱源の性質上、庫内は乾燥します。霧吹きで水分を足してあげることでおいしさアップ。
手間ですが、確実においしくなります。

STEP
トースト時間2分

6枚切りで約2分トーストします。
パンを冷凍している場合は冷凍のまま+1~2分足してトーストしてください。

電気トースター焼く際のポイント

トースターの構造上、庫内は奥側が温度が高めです。食パンを置く位置を意識すると均一に焼けます。電気トースターでパンを焼く際、歪みのある上の方を手前に、まっすぐな方を奥にして焼きます

山型パンの山の部分だけが焦げた経験はありませんか?それは、パンの上は底の方に比べてパン生地の密度が低いからなんです。山の部分は温度が低い手前側で焼きましょう

角切り食パンにも上下があります。よく見ると下がまっすぐになって上は歪んでいます。

パンの焼き方 フライパン

フライパン蓋をしている画像
フライパンで裏面を焼いている画像

フライパン焼き方手順

STEP
予熱時間1~2分

強火で予熱(フライパンの材質によって予熱時間は異なる)

STEP
食パンをのせ蓋をする(油は引きません)

食パンの水分を逃さないために必ず蓋をする

STEP
中火で1分焼く

片面1分焼く

STEP
パンを返して1分(蓋は取る)

パンのもう片面は、蓋をせずもう1分中火で焼く

フライパン焼く際のポイント

フライパンでパンを焼く際、必ず蓋(フタ)を用意しておきます。蓋をすることでパンの水分を逃がさず一気に焼けます。

魚グリルでパンでのおいしい焼き方

コンロのスイッチ画像
ガスコンロでパンを焼いている画像

火力が強い魚グリルもおススメです。庫内の温度が高温になることからおいしく焼けます。

魚グリル焼き方手順

STEP
予熱時間強火30秒

グリルの場合は一気に温度が上昇

STEP
●片面焼きの場合

弱火で2分、ひっくり返してさらに1分

STEP
●両面焼きの場合

上の温度を強火に下の温度を弱火にして2分
下が焦げやすいのでアルミホイルなどを敷くことをおススメ
(画像のパンは何も敷かなくて、火に近い部分を少し焦がしました)

魚グリル焼く際のポイント

魚の匂いが気になりそうですが、加熱中はパンからの蒸気が出るので匂いは移りません。

ただし冷めてしまうと匂いがつくので、トースト終了次第すばやく庫内から取り出すのがポイントです。

焼き方比較実験

トーストは焼き上がりの水分量で味が決まります。

【トースター】【フライパン】【魚焼きグリル】を使って焼き上がりのパンの水分量を計測(霧吹きをせずに行いました)。


焼く前の重さ

焼いた後の重さ

水分喪失割合
【トースター】予熱なし55.6g49.2g11.5%
【トースター】予熱あり54.8g50.1g8.6%
フライパン57.7g54.0g6.4%
魚グリル60.0g55.5g7.5%
調理器具での比較

フライパン>魚グリル>トースター(予熱あり)>トースター(予熱なし)の順に水分量がのこりました。

実験結果からわかったこと
  • フライパンでのトーストが一番水分量が残った(おいし焼き方)
  • トーストを使用する際は予熱すると水分量が残るので予熱は大切

パンの焼き方まとめ

食パンをおいしく焼くポイント
  • 食パンの中の水分を残して焼くとおいしい
  • しっかり予熱をして焼く
  • 霧吹きなどで水分を足して焼く
  • 焼く温度は250度
  • トースターであれば、パンの上側を手前にして焼く
  • フライパンで焼くとおいしい

おいしい食パンの焼き方は、水分をいかに閉じ込めて焼くかがポイントでした。

朝の忙しい時間に食パンを焼くことが多いかと思いますが、ちょっとした手間でおいしさが変わるので是非実践してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

販促の仕事を経て、現在フリーで企業案件を請け負うモリです。
おすすめのモノ、コトを中心に仕事に役立つ情報を発信していきます。

コメント

コメントする

目次